東京・大阪の不動産投資セミナー有用ウェブ

東京、大阪の不動産投資セミナーの情報を発信していくHP。

セミナーのスピーカーを調べよう

セミナーのスピーカーがどんな人物かを調べることはとても大事なことです。

書籍を多数出版している人や、ずば抜けた実績がある人、知名度がある人、こういった人がスピーカーとして登場するセミナーは是非積極的に参加するようにしましょう。
不動産投資の注意点については、こちらをご覧ください。


不動産投資のセミナーに参加するにあたって、注意が必要なのがスピーカーの肩書です。

不動産関係の資格には、
・司法書士
・ファイナンシャルプランナー
・宅地建物取引主任者(宅建)
・不動産鑑定士
などいろいろとありますが、これらの不動産関係の資格は全て「不動産投資の実力を証明するものでは無い」ということは必ず知っておいて下さい。
これらの資格は、不動産について詳しいことを意味するものではありますが、投資の実力を測り示すものでは一切ありません。不動産投資の能力を示す、担保する資格など存在していません。

こうなってくると、多くの人がスピーカーの信用性を「スピーカーの稼ぎ」に求めがちですが、いくらいくら稼いだというのは証拠を提示しない限りあまり真にうけてはいけません。
口ではいくらいくら稼いだとはどうにでも言うことができます。収入を証明するものとして確実に証拠になるのは、金融機関が融資の審査に用いる(要求する)書類のようなものだけです。納税の証明などがこれにあたりますね。こういった書類は、偽造すると重い罪になりますので、証拠として非常に信頼がおけるものです。

どのようなセミナーでも、「お金儲け」が絡むような場合には、スピーカーは自らの実績や経歴を過度に誇張したり、ねつ造・変造する傾向があります。この点はしっかりと覚えておきましょう。そして、十分注意しましょう。